精節録

依存や自律というものと向き合う中で考えたことを書いています。もしも、同じようなテーマについて考えている方がいれば、僕もその一人なので、共に考えていけたらとても嬉しいです。

心理的に健康な状態で生きるために

心理的な安定がなければ、
どんなに優れた環境も地獄に変わる。
心理的な安定さえあれば、
どんなに過酷な環境でもさして問題にならない。

 

だから、
環境を改善しようとする前に、
自分の心理的な安定感や
安心感を養うほうがよい。

 

傷ついたままの心を放置せず、

 

無意識に追いやられて堆積したままの恨みを
しっかりと発散してやり、

 

抑圧されたままの怒りを
どうにかして表現しよう。

 

そして、

エネルギーを搾取する人々や
ずるい人々とは
きちんと壁をつくって、
なるべく近づかないように。

 

そのためには、
自分のことに執着して
周りが見えなくなるような状況を改め、
よくよく人を観察するようにしよう。

 

観察においては、
都度都度の主観に惑わされないよう、
客観視ができるような

記録を残すといいかもしれない。

 

都度都度の解釈に頼っていては、

必ずと言っていいほど、

ずるい人々に騙されてしまう。

 

心の状態を良くするよりも、

生活の環境を良くする方が、
目に見えて分かりやすいし、
心理的な改善とは比較にならないほど簡単だが、
そこに甘んじているだけでは、
地獄から抜け出せはしない。