読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精節録 —オナ禁で得た知見—

依存や自律というものと向き合う中で考えたことを書いています。もしも、同じようなテーマについて考えている方がいれば、僕もその一人なので、共に考えていけたらとても嬉しいです。

大切なこと

空気のように
最も大切な人や、ものこそ
意識にのほることが少なくて、

少なくとも僕は
自分の親やパートナーのような
実際のところ最も有難い存在ほど
感謝することが少なくなりがちだ。

なければ困るということと
常に近くにいてくれるということは、表裏一体だろう。

何かのために生まれ、
何かのために生き、
何かのために死んでいく、
その何かを自覚することがなくても、
必ず何かの支えとして存在しているのは、確かなようだ。

意識の中に常にあるものだからといって
それが最重要であるということは
むしろ少ないのかもしれない。

想像力はこんな風にして
時に自分を勘違いさせてしまうこともある。

自分をひとつの家とみるなら
目につく大黒柱より
その土台となる基礎や
その前に描かれた設計図
それを可能とする大地と資源
建てるために働いた人々
その方が実は大切だったりするかもしれない。
土台さえあれば何度でも建て直せるが
なければ、はなから家は建てられはしない。

最重要であるはずの存在こそ
目にはつかない、意識されにくい。
それらは静かに支えてくれている。

何のために生きているのかよりも
どうして生きていられるのか、
それを実感できるときほど、有難いことはない。

どんな家を建てるのかよりも
どうして家を建てれるのか。

いつもそんな心持ちでありたい。

そしたら
支えてくれる存在のためにも
なるべくいい家を建てたいと願い
それによって
感謝を示せるのかもしれない。

何を食うかよりも
どうして食べれるのか。

どこに行くかよりも
どうして歩けるのか。

疑問の前には基礎がある。
そこに深い有り難みを感じるとき
ひとつひとつを大切にしたいと
本当に気がつけるのかもしれない。
疑問の答えは土台に聞いてみるといい。

だから少なくとも僕は
頑張る必要は実はないんだけども
なぜか頑張りたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 
 問い合わせ・他の記事はこちらへ(『自律録 —依存と向き合う同志たちへ—』)