精節録

依存や自律というものと向き合う中で考えたことを書いています。もしも、同じようなテーマについて考えている方がいれば、僕もその一人なので、共に考えていけたらとても嬉しいです。

正しく生きようとすること。

道徳的な正しさを測定することは常に困難で、

最低の定義は、

その人の立場で変わる。

 

しかし、君は君自身を後悔しない生き方をしたいと望むだろう。

 

それが自分の正しさであり、

その誇りを守ることを忘れない人に、

それを信じて生きている人に、

僕は賞賛を送りたい。

 

僕の思う「善い人生」と彼の思うそれが対立していようとも、

僕は彼を素晴らしい人と思うだろう。

 

どんな悪魔であろうとも、

誇りを失わない生き方は美しい。

 

どんなに汚れた道でも、

どんなに汚れた姿であっても、

きっと、美しいものは美しいのだ。

 

非相対的な美しさ。

 

価値の外にあるそれらに惹かれる。

 

もっともっとと、

自分を進めていく、彼だけの強さ。

 

誰にだってあるはず。

 

それを使うのか。

そこに向かうのかは、

一体何が決めるのだろうか。