読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精節録 —オナ禁で得た知見—

依存や自律というものと向き合う中で考えたことを書いています。もしも、同じようなテーマについて考えている方がいれば、僕もその一人なので、共に考えていけたらとても嬉しいです。

思っていること。

やりたいことのために生きて、

やりたいことのために死にたい。

それを遂げるためならば、

どんな苦しみでも耐え忍ぼうと思える。

もしも、やりたいと思わないことのために生きるなら、

僅かな苦しみでさえ、どうしてあえて耐え忍ぼうとする力が湧いてくるだろうか。

意味のない苦しみを味わうほど、惨めな生き方はないように思う。

しかし、苦しみに意味があるのならば、

立ち塞がっている壁が、いかなる艱難辛苦であろうとも、

それを乗り越える力は、自分の内側から湧いて出てくるものだ。

だから、やりたいことを続けていく途中、

どんな過酷な壁が待っていようとも、

僕は意味のある生き方をしたい。

つまり、自分に正直でありたい。

 

ただ、それだけのことが、以外と難しい。

日々の少しずつの成長が、それを可能にしていく。

自らの意欲や不安とか、批判の声を受け容れる器が

大きくなればなるほどに成長は加速する。

 

それさえ分かっていれば、

焦ることなく器の焼き上がりを待つことができる気がする。

 

創造力は、正直な心の中に湧いてくる。

だから、自分の自然な状態を、変な風にねじ曲げて

心をゆがめてしまわないようにしたい。

 

創造力が、生きる意味をつくり、

苦しみに意味を与える。

 

日々の行動力は、

そうして出来上がっていく意味が

感情を揺さぶるほどに強くなっていく。

 

「もっともっと」と求めるべきは、

贅沢や栄華や単純な快楽ではなくて、

生きる意味の深さや強さなのではないかと、

僕は本心から思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせ・他の記事はこちらへ(『自律録 —依存と向き合う同志たちへ—』)