読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精節録 —オナ禁で得た知見—

依存や自律というものと向き合う中で考えたことを書いています。もしも、同じようなテーマについて考えている方がいれば、僕もその一人なので、共に考えていけたらとても嬉しいです。

オナニーと免疫力

オナ禁という言葉が意味するところは多様で、単純にオナニーだけを禁止する人、あるいは、セックスまで禁止する人、射精だけを禁止する人、その意味は多岐にわたっている。

今の僕はというと、別段それらの行為を禁止しているわけではなくて、射精の間隔をただ単純に記録している。つまり、セックスとオナニーに違いを設けるわけでもなく、射精すれば同じようにカウントしてきた。

ただ、このブログのタイトルであるように、精節ということの重要性を考えているので、行為におよぶにあたっては、記録している日数の平均値を下まわらない間隔であるようにと心がけている。

しかし、その中で、射精の違いについて、段々と確信に変わってきた体感がひとつある。

 

免疫力。

当然目にはみえないのだけれど、その力について、はっきりと体感できる部分は強い。なぜだろうか。理由は分からないが、推測できる説はいくつかある。

その中で一つ、一番シンプルで、自分が気に入っている説について、書き残しておきたい。

 

笑顔。

これが免疫力を高めるということが、さまざまなところで検証されている。その理由も、色々なところで考えられているので、それについて、僕はあえて自分の薄っぺらい知識をここに書こうとは思わない。

さて、笑顔が免疫力と高めるということと、オナニーやセックスとの関連性は、すぐに想起できると思う。パートナーと行為を楽しんでいるときと、1人で行為を楽しんでいるときで、どちらがより長い時間、笑顔でいるだろうか。それはもちろん、人それぞれかもしれないが、相手に対しての好意が強ければ強いほど、充実したセックスと、充実したオナニーとの差は広がるように思う。

つまり、免疫力についてのこの考えの本質は、笑顔や心理的な心地よさに由来しているわけで、オナニーとセックスの違いが直接的にその要因や変数として機能しているわけではないのだが、もう少し深く考えてみると面白い。

 

オナニーを日々繰り返している男がいるとしよう。彼は、毎日毎日、ときには1日2回以上、行為に勤しんでいる。毎日繰り返すうちに、同じようなやりかたに飽きてくる。さまざまに試してみては、もっと刺激的なことをと、行為の内容は激しさを増していく。オナニーをはじめた最初の頃は、少しのエロと、少しの刺激で、楽しさを味わっていたが、今や、過激という言葉がぴったりな行為で、なんとかより強い快楽を得られないものかと必死になっている。しかし必死になって得たはずの快楽は一瞬で抜け落ちていく。しかし、それを得るためにはより長い時間を費やしていく。行為の中で彼が、まだ笑顔を見せる余裕があるとすれば、その一瞬だけだ。

セックスはどうだろうか。確かに、ひどく溺れれば、先の男と同じような状態に陥るということは間違いない。しかし、それはつまりオナニーのようなセックスということで、もしそこに相手への思いやりの一つでもあれば、お互いがお互いの救いに変わることは明白だ。ということは逆に、セックスのようなオナニーだってあるのかもしれない。だから、大切なことは、心の底から楽しめているかという点にあるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせ・他の記事はこちらへ(『自律録 —依存と向き合う同志たちへ—』)