読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精節録 —オナ禁で得た知見—

依存や自律というものと向き合う中で考えたことを書いています。もしも、同じようなテーマについて考えている方がいれば、僕もその一人なので、共に考えていけたらとても嬉しいです。

分からないこと

分からないことがあろうとも、時は進む。

時が進めば、ことは流れていく。

時の流れに従って記憶は風化され、美化され、それぞれに変わる。

時には無為が、あらゆる有為よりも素晴らしいことがある。

しかし、それがいつなのか、分からない。

ふと、何としても行動せよ、という考えが浮かぶ。

時には、そうした考えが、何もしないことよりもいいときがある。

されど、先に述べたように逆もまた然りなのだ。

悩みは続き、その悩みに終わりがあるかどうか、分からない。

どちらを選ぶにせよ、後悔の可能性は避けられない。

 

判断は迅速に?なぜ急ぐ必要があるのか。

行動は迅速に?なぜゆっくり歩んではいけないのか。

人生は一度きり?もし二度目があったら、一度目は適当にするのか。

命には価値がある?ならば、無為であっても誇りをもてるではないか。

悩んでる暇があったら?形に見えることでなければなぜ安心できないのか。

成長せよ?伸びる方向はどちらが善いのか知っているのか。

可能性を活かせ?別の可能性を増やす前に、今ある可能性を活かせているのか。

果敢に挑戦せよ?それはいいが、自らの臆病さを無下にすることはない。

 

存在する性質を無下にすること無く、あらゆる言葉に融通無碍でありたい。

急かす言葉を左の手のひらにおいて、右の手をその上にかぶせてしまう。

 

心は、言葉よりも心によって、その働きを全うしたい。

言葉を処理するのは、言葉を処理するところだけで十分だ。

仮に耳が聞こえなくとも、目が見えなくとも、心は生きていて、働くのだ。

 

形にとらわれれば、交換に支配されていく。

自らで、自らの欲を創り出すことを忘れたとき、誰かの欲の奴隷に成り下がる。

 

言葉によっては、何一つ分からなくとも、それでいい。

自己決定の範囲の話であれば、邪心さえなければ、何事もどちらでもいいのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 問い合わせ・他の記事はこちらへ(『自律録 —依存と向き合う同志たちへ—』)