読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精節録 —オナ禁で得た知見—

依存や自律というものと向き合う中で考えたことを書いています。もしも、同じようなテーマについて考えている方がいれば、僕もその一人なので、共に考えていけたらとても嬉しいです。

地図はポッケにしまって。

やってみたいことにはきりがない。

 

一つ目の階段を上がれば

さあ、二段目だ。

一つ目のトンネルを抜けようが

道に終わりはない。

一つ目の壁を乗り越えたら、

さらに大きな壁が立ちふさがる。

 

楽しい時はいいのだ。

段階的に進む喜びは大きい。

 

道中、厳しい季節はやってくる。

そんなときはとりあえず

地図はポッケにしまっておこう。

 

そうして、

目の前の喜びや楽しみに

ひとつでも気がつけたらしめたものだ。

 

でもやっぱり

途中のものごとが気がかりになる。

心は再開を焦らせるが、はたしてその理由は?

 

途中のものごとでも、視点を変えてしまえば

今の楽しみと組み合わせることもできよう。

 

数十枚の地図に対して人生はひとつだけだ。

今もひとつしかない。

そして、思っているよりも、いつだって短い。

 

中途半端な材料を上手く組み合わせていこう。

 

地図の目的地を目指す探検家の一面とは別に

手に入れた材料を組み合わせては

楽しみを創り出す料理人としての一面を

どうか意識したい。

 

新しい料理は、再び探検に駆り出すときに

きっと役に立つはずだ。

「おいしい」という感覚は

目的ではなく現実だ。

 

そうした現実を味わえば

さらなる「おいしさ」を

ひとりでに求めだす。

 

もはや、この探検家は旅人に変わる。

いつだって地図の目的地は今に変わる。

 

旅人の持ち物は「自由」だけになるが

そうでなければ、これを失う。

 

だから、必ずしもお気楽なものではない。

支配との闘争でもあるのだから。

 

ゆえに、その歩みの力強さは

他の比ではなくなる。

 

ふと気が付けば、

あの日ポッケにしまった地図の印は

とうの昔に踏み越えていたことに

驚くのかもしれない。

 

 

 

問い合わせ・他の記事はこちらへ(『自律録 —依存と向き合う同志たちへ—』)