精節録 —オナ禁で得た知見—

依存や自律というものと向き合う中で考えたことを書いています。もしも、同じようなテーマについて考えている方がいれば、僕もその一人なので、共に考えていけたらとても嬉しいです。

忙殺のよしあし。

仕事に日常を費やすならば

確かに仕事は捗るし、事は進む。

 

しかし

だからといって

ぼーっとする時間の大切さを

忘れてはいけない。

 

新しい発想や視点は

たいていそういう時間に

見つかることが多いものだ。

もちろん、直近の解決策ということには

ほとんど繋がらないかもしれない。

それは、煮詰める必要もあるからだ。

 

徹底して取り組むことと

ぼーっとすることにおいて

自分にとって適切な比重のバランスを保つのは

常に簡単ではないがいつだって大切なことだ。

 

煮詰めることで

見つけ出す答えもよいし

ぼーっとしているときに

ふっと浮かんでくる答えもよいものだ。

 

忙しすぎるときこそ

少し席から離れることを意識したい。

 

そしたら

全く別のやり方が浮かんできて

実際に労力が十分の一以下に

なることもあったからだ。

 

真面目もよいが

さぼることも同様によい。

 

 

 
 

問い合わせ・他の記事はこちらへ(『自律録 —依存と向き合う同志たちへ—』)